miina | 脱毛サロン

脱毛前後の飲酒はNG?避けるべき理由と時間を解説!

24時間セルフエステの24エステbyCROOZがお届けする、エステに関するお役立ちコラムです。
「24エステbyCROOZ」は「SHOPLIST」のCROOZグループが運営しています。

脱毛の当日や前日にはさまざまな制限がありますが、飲酒にかんする注意事項があるのをご存じですか?お酒が好きな方にとっては、脱毛に合わせてお酒を控えるのはなかなか大変ですよね。今回はだ脱毛と飲酒の関係、なぜ飲酒をしてはいけないかなどを紹介します。お酒好きで脱毛を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

脱毛前12時間は飲酒しない方が良い

脱毛 飲酒

脱毛をしようと考えたとき、メリットだけでなくデメリットについても考えますよね。脱毛前後の注意事項の中には、飲酒に関するものもあります。しかし、どれくらいの期間飲酒を控えたら良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。

また、なぜ脱毛の前後に飲酒をしてはいけないのか理由を知りたい方も多いですよね。そこで今回は脱毛と飲酒の関係とともに、なぜ脱毛前後に飲酒をしない方が良いのかや飲酒をした場合の対処法を詳しく紹介します。

飲酒以外に注意した方が良いことや気を付けたいポイント、アフターケアなどもまとめました。今後脱毛を検討している方や普段からお酒を飲んでいる方、脱毛後のケアや肌の状態が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

脱毛前後に飲酒を避ける理由とは

まず最初は、脱毛の前後で飲酒をしない方が良い理由を紹介します。

「体温上昇」による肌トラブル

脱毛 飲酒

飲酒をすると体がポカポカ温かくなりますよね。これは体温が上昇しているのが原因で、脱毛後に体温を上げすぎてしまうと毛穴から熱が放出しにくくなってしまいます。脱毛後は毛穴に熱がこもっている状態なので、できるだけ体温は上げないように注意しましょう。

熱が上手く放出されないと、赤みや炎症などのトラブルが出てしまう場合もあります。

飲酒すると「保証外」になる場合も

脱毛 飲酒

飲酒をして肌にトラブルが起きた場合、サロンやクリニックでの保証対象外になる可能性もあります。保証はあくまでも注意事項やルールを守ったうえで起きたトラブルに対するものなので、飲酒をして起きたトラブルは自費で解決しなければなりません。

保証の内容などはサロンやクリニックなどによって異なるので、必ず施術前に確認しておきましょう。

「乾燥」しやすい

脱毛 飲酒

アルコールを飲むと肌が乾燥しやすくなるため、施術時の肌トラブルが起きやすくなります。保湿をすれば良いと思うかもしれませんが、施術前に肌が乾燥すると思わぬトラブルに繋がる可能性もあるので注意が必要です。

「痛み」を感じやすくなる可能性も

脱毛 飲酒

飲酒をした後は肌が敏感になりやすく、脱毛の施術時にいつもより痛みを感じる場合があります。痛みを感じると施術を受けるだけで大変になるだけでなく、痛すぎた場合には出力を弱めなければなりません。弱い出力では効果も薄く、脱毛に時間がかかってしまいます。

脱毛前後で飲酒を避けるタイミング

脱毛前後で飲酒をしてはいけない理由が分かったところで、次は飲酒を避けた方が良いタイミングを紹介します。

基本は「前後12時間程度」

脱毛 飲酒

基本的には施術の前後12時間は飲酒を避け、肌を良い状態に保つ必要があります。脱毛を予約している前日、当日は飲酒をしない方が良いでしょう。飲み会などが入っているのであれば、ノンアルコールにするなど工夫をしてみてください。

「アルコール分解速度」には個人差がある

脱毛 飲酒

基本的には施術の前後12時間を避けると紹介しましたが、アルコールの分解速度には個人差があります。一般的にはアルコールが抜けるまでに12時間とされていますが、個人差があると覚えておいてください。特にお酒の弱い方は、長めに飲酒を控えた方が安心ですね。

脱毛前後に飲酒をしてしまったらどうする?

施術の前後に飲酒をしてはいけないと分かっていても、どうしても外せない飲み会などで飲んでしまう方もいるでしょう。ここでは、もし飲酒をしてしまった場合の対処法を紹介します。

「予約変更」をする

脱毛 飲酒

施術の前日などに飲酒をしてしまった場合には、すぐにサロンやクリニックに連絡して予約の変更をしてもらいましょう。飲酒をした状態では施術を受けられない可能性があるため、お酒を飲む予定が入った時点で変更してもらうのがおすすめです。

サロンによっては柔軟に対応してくれる場合もありますが、脱毛回数が決まっているお店では予約変更時に回数を消化されてしまう可能性もあります。そのため、できるだけ脱毛の予約を入れてあるときは飲酒をする機会を作らないようにしましょう。

「冷やして」様子を見る

脱毛 飲酒

脱毛後に飲酒をしてしまった場合には、炎症や赤みが悪化する可能性が高いです。もし炎症が出たり赤みが悪化したりした場合には、冷やしタオルなどで様子を見てください。多少の赤みや炎症で済んでいる場合には、次回の施術までにしっかり回復すれば問題ないでしょう。

トラブルがある場合は「サロンに連絡」

脱毛 飲酒

赤みや炎症が引かない、その他のトラブルが発生してしまったときは迷わず施術して貰っているサロンやクリニックに相談してください。サロンであれば提携している皮膚科、クリニックであればその場で診て貰える場合があります。

肌トラブルはできるだけ早く対処した方が良いため、迷ったとき一度電話などで相談してみるのがおすすめですよ。

脱毛の前後で飲酒以外に注意するポイント

ここまで飲酒にかんする注意点などを紹介してきましたが、実は飲酒以外にも注意したいポイントがたくさんあります。ここでは、脱毛の前後に気を付けたい代表的な注意点をいくつか見ていきましょう。

当日の「運動」は避ける

脱毛 飲酒

施術当日に激しい運動をすると、飲酒と同じ体温が上がったり汗をかいて肌に雑菌が繁殖しやすくなったりします。そのため、施術当日はできるだけ安静に過ごし、激しい運動は避けるようにしてください。歩くくらいなら構いませんが、汗をかかない程度にするのがおすすめです。

「予防接種」は前後1週間控える

脱毛 飲酒

脱毛の施術前後1週間は予防接種はできません。サロンやクリニックの注意事項に書かれている場合がほとんどですが、うっかり接種してしまうと思わぬトラブルに繋がります。予防接種後は肌が敏感になっている場合が多く、赤みや炎症が出やすいので注意してくださいね。

「薬の使用」にも注意

脱毛 飲酒

薬の服用や使用の制限は、種類などによって異なります。ステロイドなどを使っている方は、主治医やサロンにしっかり相談して施術可能かどうか確かめておきましょう。また、日焼け止めや制汗剤など肌表面に使うものも、施術当日は避けた方が良いですね。

「日焼け」はできるだけ避ける

脱毛 飲酒

脱毛後は毛穴が熱を持っていて敏感な状態なので、刺激の強い日焼けは避けた方が良いでしょう。当日は日焼け止めの使用はできないので、帽子や洋服で上手く日焼け対策をしてみてください。

当日は「入浴」しない

脱毛 飲酒

脱毛当日のお風呂はぬるめのシャワーで済ませ、入浴はしないようにしてください。お風呂には雑菌が多いだけでなく、湯船に浸かると体温が上がって肌トラブルを引き起こしやすくなります。

「保湿」をしっかり行う

脱毛 飲酒

脱毛後はアフターケアも非常に重要です。肌が乾燥しやすい状態なので、いつもよりもしっかりめに保湿を行いましょう。また、赤みや炎症がある場合には軽く冷やしながら様子を見てみてくださいね、

まとめ

今回は脱毛と飲酒の関係性、その他の注意点について詳しく紹介しました。お酒好きな方はどうしても飲みたくなってしまうと思いますが、飲酒をすると施術を受けられなかったりトラブルが起きたりする可能性もあります。施術前後12時間は飲酒を控え、しっかりと脱毛の効果を感じられるようにしてくださいね。

Related Posts

None found